マカ王|養蜂堂のマカサプリ販売店

マカのモラーダ種は最高品種

マカのモラーダ種は最高品種

マカのモラーダ種は最高品種

マカはアブラナ科に属する植物で、黄色・紫・ピンク・白など様々色のものがあり、形は円柱形で長さは5センチほどです。

 

食用にされるのは根の部分で、有効成分もこの部分に多く含まれています。マカの中でも特に貴重だとされているのがモラーダ種です。

 

モラーダ種は表皮の色が濃い色の根のものです。栽培されているマカは11種類あると言われていますが、中でもマカモラーダは最高の薬効を備えていると評価されています。

 

本来マカの生育地はとても限られていました。ペルー国土の南北に走るアンデス山脈の高原に自生していました。現在ではマカの世界的需要の拡大に伴い、その栽培耕地は人がっています。しかし、本来自生していたところとでしか、品質のいいマカはなかなか育たないようです。

 

いいマカが取れるのは標高の高いところです。空気中の酸素も薄く、一般的には高山病にかかってしまうほどの高地です。当然気候はきびしく風が強く、赤道直下で太陽光線も強いです。このような厳しい自然環境がすぐれたマカを産むようです。

 

マカの栽培地にはほとんど樹木は育ちません。わずかに背の低い灌木が散在し、あとは草原か荒れ地になっています。

 

しかし、植物に栄養分を吸収されないために、土壌は豊かで、亜鉛をはじめとするミネラルがたっぷり含まれているのです。
これらの気候は慣例で、土壌は豊か、太陽光線も共レルと言う環境が、マカの栽培にとても適しているのです。最近ではペルーの低地でも肥料を使ったマカの栽培が始まっています。

 

しかしその栄養価はやはり劣っていると言わざるを得ないでしょう。

 

アンデス山脈で暮らす人々にとって、マカは厳しい自然環境の中で子孫を絶やさないために大切な栄養源であり、同時に家畜たちの繁殖にも欠かすことのできないものとなっています。

 

マカを生で食べることもありますが、よりマカの効能を高めるためには天日干しにして、妊娠適齢期の女性や男性の滋養強壮に用いられています。

 

これはマカが豊富に含むアミノ酸やビタミン、ミネラル類、活性物質が女性の受胎能力を高め、男性の性機能向上を促進させることを、はるか昔から経験的に人々は知っていたからでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ